着物買取はどこがいいのか?

着物買取はどこに頼めばよいのか?について知るためには、いくつかある着物買取方法と、高く買い取ってもらうためのコツなどを知っておく必要があります。共通して言えることは、「良い状態で保管しておくこと」ですが、それ以外にも細かいテクニックがあるので紹介します。まずは買取できるものを把握しておきましょう。

振袖

買取できるもの

買取できるものですが、基本的には「着物本体・それに関する付属品や小物」であれば買取可能です。素材がウールや化繊であっても問題ありません。シミや汚れ、破れでも金額はつく場合があります。

訪問着、付下、色留袖、黒留袖、小紋、振袖、大島紬、結城紬、羽織、袋帯、名古屋帯ほか、喪服や反物など和服であれば問題ありません

「価値がわからない」という場合には一度査定士さんを呼んで色々と聞いてみると良いかもしれません。※私は複数社呼んだのでかなり知識がつきました(笑)

 

買取店舗の違い

買取してくれる店舗は、

  • 着物買取専門の店舗
  • 質屋
  • 訪問型(出張)の買取業者
  • 宅配型の買取業者
  • リサイクルショップ

などがありますが、買取額が高い傾向にあるのは訪問型と宅配型の業者です。理由は簡単で、店舗を営業する分の経費がかからないからです。その分を買取額に回すことができ、集客はインターネットなどを使って効率よくやっていると言ってました。

 

買取方法の違い

買取方法もいくつかりますが、

  • 出張査定
  • 宅配査定(郵送)
  • メール査定(LINE)
  • 電話査定
  • 持ち込み

このあたりです。出張査定をやっているところが買取額は良いですが、家に来てほしくない場合は持ち込みでも対応しているところも多いので店舗所在地を確認してみましょう。

 

着物買取の相場はいくらくらい?

着物買取の相場は、ピンキリです。これは私も気になったので査定士の方に聞いてみましたが、「モノによるとしか言えません」という回答でした。ざっくりですが、買った時の金額からすると良くて10%くらい、悪くても1%くらいというイメージです。

ただし、中には「お宝」と呼ばれる1,000万クラスの価値がつく着物もあるので、きちんとプロに査定してもらう必要があるのです。手間でなければセカンドオピニオン的なものも依頼した方が良いですね。

共通して言えるのは、着物はハサミを入れてしまうと格段に価値が下がってしまうという事です。もちろん着るために購入した着物なら仕方ないのですが・・・。

高くかってもらうコツ

着物を少しでも高く買ってもらう方法は簡単で、

  • できるかぎり良い状態にしておく
  • 証紙など品質や素材を証明できるものを用意する

この2点につきます。状態は普段から通気などに気を使っていないと手遅れかもしれませんが、カビが生えたりシミになっていてもクリーニングに出せばある程度は回復します。

また、柄には流行があるのでよほど有名作家が作ったものなどでなければ早めに売った方が金額はつきます。証紙は何よりも価値を証明するものになるので、家のどこかにあるなら必ず付属しましょう。

公開日:
最終更新日:2016/04/10

現金即日スピード買取JP
他店よりも安ければ全額返却